歯磨きしたくない

ここでは、「歯磨きしたくない」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやまじで。

でも歯磨かないと気持ち悪い。


先週、親知らず抜いた。
横向きに生えているとかで、隣の歯を圧迫してた。

親知らずの根元が、神経に触ってた。


っつーことで、先週、抜いたって言うか・・・砕いた。



まず麻酔6本打たれた。俺が麻酔効きにくい体質なのかもしれない。
その後、歯茎切開して、親知らず周辺のアゴの骨をドリる。
とのことだった(布被せられて、麻酔のせいで感覚がないから自分じゃわからず)

で、ここで恐ろしい言葉が聞こえた。

これ抜けないな・・・」

まてこら。

とか思ってたら、またドリル。ぎゅいいいい。


30分ぐらいはやってたはず。

なんか急に、グーリグーリって感じで圧迫される。
あ、やっと抜く作業なんだなって思った。

案の定、というかなんというか。「よし、抜けた」って聞こえる。


だが、まだなんかグリグリされてる。
おかしくね?もう抜いたんだよね?


「よーし、大きいの抜けた」って聞こえた。
あぁ、作業中に親知らずが折れたのかな?って思った。

だがまだグリグリが続く。って感じで。
終わりましたよって言われたのは、結局4回目の「抜けたぞ」の後だった。


で、切開した歯茎を縫合。
その後抜けた親知らずを見せてもらう。


( ゚Д゚)・・・。   まさにこんな顔したと思う。

だって、親知らずが歯の形してなかったんだもの

どうやら、余りにもがっちり生えていたとのことで普通には抜くことができなかったらしい。
そこで、親知らず自体をドリルで削って細かくして、少しずつ除去したんだと。


それってさ、アゴの骨削る必要なくね?

でも麻酔が効いてて全然しゃべれず。ハメラレタ。


泣く泣く帰路につくも、どうしても口の中に血が溜まってしまう。
吐きたい。うがいしたい。そんなこと考えてたけど、バスの中。

そこで思い出したんだ。俺ってばものすごい花粉症で、いつでもティッシュが鞄の中に満載。
しかも、愛犬の散歩のためにエチケット袋がある。

ということでティッシュで血を拭きつつ、血を袋に吐きつつでなんとかすごした。
人の少ないバスでよかった。本当に人が少なくてよかった。
きっとあのバスは血の臭いが充満してたと思う。ほんとごめんなさい。


家に帰ってから、痛み止め飲んで寝た。
枕にタオル2重にして寝た。血が溢れるのは目に見えてたから。
あ、愛犬は部屋から追い出しておいた。血=怪我ってことで、絶対口の中舐めようとしてくるもの。



で、まぁ1時間ほどして起きた。っていうかおかんに起こされる。
お前顔すごいよって言われた。枕を見ると案の定血の海。
ってかおかんが部屋開けたら愛犬がものすごい勢いで突っ込んできた。
しきりに顔の臭いかいでる。鏡見たらスプラッタ。血の気引いた。
いやぶっちゃけ血の出しすぎで貧血だったけども。


まぁとりあえず枕に巻いてたタオル交換して、
顔洗って適当にお茶漬け食ってもう一回寝よう。って思ったその時。

なんとまぁ、愛犬がまたクッション咥えて待ってるじゃありませんか。
鼻血出るかと思った。出血多量で死ぬかと思ったよ。

それを、ラテでギルメンに伝えてる間にいつの間にか枕のところに移動していた愛犬。
目が合ったら、尻尾ふりやがった。鼻血でるかt


まぢで愛犬に殺されるかと思った。
可愛すぎるよもうヤヴァイよお前。ほんと最高だよ。俺の愛犬でいてくれてありがとう。





そんな感じが先週の手術日。

手術終わってからは、
アゴの骨削られたのと、親知らず抜いた(?)のと・・・
親知らずのあった場所にご飯が入り込んだ痛みとのバトル。
地味にご飯が痛い。しかも歯磨きも痛みで全然できねぇ。

ほんと地獄だ。


でも愛犬のすっげー可愛いあの一瞬を思い出して耐えてる。
世の中のほかの犬なんて目じゃない。うちの子が最高だわ。

愛犬家は皆そう言うことは間違いないか。



疲れた。しかも痛いし。もう寝る。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。